トップ気になる症状 ⇒うつ病

うつ病の原因、症状と治療・予防

うつ病ってどんな病気?

  • 憂鬱な気分、気力が無い、考えがまとまらないなどといった症状が2週間以上ほとんど毎日続く病気です。
    またこれらの症状に加えて、不眠、食欲の低下、からだがだるい、肩が凝ったり、頭が重たいといった身体の症状が現れることが多いです。

うつ病の症状は?以下の9つの症状のうち5つ以上(1か2が含まれること)

  • 1、憂鬱な気分がほとんど毎日続く。
  • 2、何に対しても感心がなく、喜びも感じられない気分がほとんど毎日続く。
  • 3、食欲がなくなり体重が減る、または食欲がでて体重が増える。
  • 4、睡眠障害がある。
  • 5、焦ってイライラしたり、元気がなくじっとしている。
  • 6、疲れやすくなったり、気力が減退する。
  • 7、自分を何の価値も無い人間だと思ったり、とても罪深い人間だと思い込んだりする。
  • 8、思考力や集中力がなくなり、何かを判断したり決断することができない。
  • 9、死について繰り返して考える。自殺したいと繰り返し思ったり、どうやって死のうかと思ったりする。

うつ病の治療は?

  • うつ病の経過は大きく①急性期 ②前期回復期 ③後期回復期に分けられます。
    回復は一人ひとり異なり、よくなったり悪くなったり波があるのが普通です。
  • 【まず休養
    ・特に急性期は休養を優先し、心理的疲労を減少させる必要があります。
    ・休養は「頑張りすぎる」うつ病患者さんの特性を考慮した治療法方の一つと言えます。
     ※とはいえ、休養をなかなかとれない患者様のために、当院では「まずは、明日のために」、下記にある投薬を含んだ、患者様に合った解決策を考えます。
  • 【薬を飲む】
    ・うつ病では抗うつ薬を中心に、症状に応じて抗不安薬や睡眠導入剤などが用いられます。
    ・効果には個人差がありますので、受診時には効果や副作用などをきちんと医師に伝えることは必要です。
    ・服薬を自分だけの判断で中断してはいけません。症状を悪化させることがあります。後期回復期を過ぎてもしばらくは服薬を継続することが再発防止に有用です。
  • 【自己破壊的な行動はしない】
    ・典型的なうつ病の方は、他人を責めずに自分を責め、それが自殺の動機となります。
    また疲れきっている現状から逃避したいと考えることもあり急性期だけでなく回復期でも自殺防止は重要な課題で、周囲の協力が必要です。
    ・うつ病は原則的には回復する病気ですので、人生に重要な決断は可能な限り延期するようにします。

うつ病の再発を防止するには?

  • うつ病は回復する病気ですが、再発の多い病気でもあります。後期回復期や回復後には、自分にうつ病になりやすい部分はないかなどと、自分自身をよりよく知る作業が再発防止に有用です。周囲の方のサポートとしては以下の事が挙げられます。
  • 仕事や生活の負担を減らすこと。
  • 考えや決断を求めないこと。
  • 励まさないこと。
  • 無理に外出や気晴らしを勧めないこと。

院長挨拶

 微力ながら更に地域医療の向上発展に尽くすと共に『暖かい医療』を目指したいと考えております。どうか今後とも変わらぬご指導のほどをよろしくお願い申し上げます。

もっと詳しく

診療時間のご案内

完全予約制

午前 午後
休診 午後3:00~7:00
午前9:00~11:30 午後3:00~6:30
午前9:00~12:00 午後3:30~7:00
午前9:00~12:00 午後3:00~7:00
午前9:00~12:00 午後3:00~7:00
午前8:30~午後1:30
【休診日】日曜日・祝日

アクセス

アクセスマップ

駐車場は東口ロータリー内にある「宮みらいALSOK北綜合警パーキング」をご利用ください。

〒321-0953
栃木県宇都宮市東宿郷2-4-3
宇都宮大塚ビル5F