トップ気になる症状 ⇒睡眠障害(不眠症)

睡眠障害(不眠症)の原因、症状と治療・予防

睡眠障害(不眠症)ってどんな病気?

  • 睡眠障害は、下記の様に区分されます。
  • 1、不眠症状
  • 2、睡眠中の呼吸の障害
  • 3、過眠症状
  • 4、睡眠覚醒リズムの障害
  • 5、睡眠中の異常行動
  • 6、睡眠に関連しての運動の異常

睡眠障害(不眠症)の症状は?

  • 【入眠障害】
  • なかなか寝付けない
  • 眠ろうとするとかえって目がさえる
  • 【途中覚醒】
  • 何度も目が覚める
  • 目が覚めた後なかなか寝付けない
  • 【早朝覚醒】
  • 朝早く目が覚めてしまう
  • 【熟睡感の欠如】
  • 眠った気がしない
  • 眠りが浅い

睡眠障害(不眠症)の原因は?

  • 【睡眠環境】 寝室、寝具、温度、湿度、照度、雑音など
  • 【心理的要因】 考え事、不安、緊張、イライラ、精神疾患など
  • 【薬理学的要因】 カフェイン、ニコチン、アルコール、一部の身体疾患治療薬など
  • 【生活習慣】 生活リズム、食事、運動、昼寝、入浴、交代勤務、長時間労働、テレビ、インターネットなど
  • 【身体的要因】 痛み、痒み、咳、頻尿など

睡眠障害(不眠症)の治療は?

  • 睡眠時間は人それぞれで、日中の眠気で困らなければ充分です。
    睡眠時間は人それぞれで異なり、季節でも変化、8時間にこだわらないことが大切。年をとると必要な睡眠時間は短くなる。
  • 刺激物を避け、寝る前には自分なりのリラックス法を。
    就寝前4時間のカフェイン摂取、就寝前1時間の喫煙は避ける。軽い読書、音楽、ぬるめの入浴、香り、筋弛緩トレーニングなどを行う。
  • 眠くなってから床に就く、就寝時刻にこだわりすぎない。
    眠ろうとする意気込みが、かえって頭をさえさせ寝つきを悪くする。
  • 同じ時刻に毎日起床。
    早寝早起きではなく、早起きが早寝に通じる。日曜日に遅くまで床で過ごすと、月曜日の朝がつらくなる。
  • 光の利用でよい睡眠。
    目が覚めたら日光を取り入れ、体内時計をリセットする。夜は明るすぎない照明を。
  • 規則正しい3度の食事、規則的な運動習慣。
    朝食は心と体の目覚めに重要、夜食をとるならごく軽く。運動習慣は熟睡を促進。
  • 昼寝をするなら、15時前の10分から15分間。
    長い昼寝はかえってぼんやりのもと。夕方以降の昼寝は夜の睡眠に悪影響。
  • 眠りが浅いときには、むしろ積極的に遅寝、早起きに。
    寝床で長く過ごしすぎると、熟睡感が減る。
  • 睡眠中の激しいイビキ、呼吸停止、足のぴくつき、むずむず感は要注意。
    背景に睡眠の病気、専門治療が必要。
  • 充分眠っても日中の眠気が強いときには、専門医に相談を。
    長時間眠っても、日中の眠気で仕事、学業に支障がある場合は専門医に相談を。車の運転に注意。
  • 睡眠薬代わりの寝酒は不眠のもと。
    睡眠薬代わりの寝酒は深い睡眠を減らし、夜中に目覚める原因になる。
  • 睡眠薬は医師の指示で正しく使えば安全。
    一定時刻に服用し就寝。アルコールと併用しない。

院長挨拶

 微力ながら更に地域医療の向上発展に尽くすと共に『暖かい医療』を目指したいと考えております。どうか今後とも変わらぬご指導のほどをよろしくお願い申し上げます。

もっと詳しく

診療時間のご案内

完全予約制

午前 午後
休診 午後3:00~7:00
午前9:00~11:30 午後3:00~6:30
午前9:00~12:00 午後3:30~7:00
午前9:00~12:00 午後3:00~7:00
午前9:00~12:00 午後3:00~7:00
午前8:30~午後1:30
【休診日】日曜日・祝日

アクセス

アクセスマップ

駐車場は東口ロータリー内にある「宮みらいALSOK北綜合警パーキング」をご利用ください。

〒321-0953
栃木県宇都宮市東宿郷2-4-3
宇都宮大塚ビル5F